たこトンビ

hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
hs01237
    商品番号:hs01237

    たこトンビ 200g タコ燻製品 蛸の口の珍味 通好みのチンミ(タコとんび)別名カラストンビ メール便対応

    在庫状態:在庫有り
    発送目安:2~3日後
    • 海外発送 : ○
    ¥1,450(税込)
    会員様43 ポイント還元 (3%)
    数量


    タコの珍味はヘルシーで美味しく、噛み応えがあります。たこトンビは食べるまでに苦労はしますが、その味・食感・満足度は最高クラスの珍味です!!

     
    たこの口のたことんび。知っていますか?
    たことんびとは、タコの口を指します。またカラストンビ(烏鳶)とも言いますが、カラストンビは主に顎や、顎板の俗称です。
    タコの口と言うと、テレビや、アニメで見る墨を吐くところだと思いがちですが、実はあの部分は口ではなく、吸水器官という部分です。その部分は漏斗(ろうと)という名前で、海中を進む時、水を取り込んで噴射したり、敵に襲われた際に煙幕をはり、逃げる為に墨を吐くために使用する場所です。たことんびの珍味として食べる部分の口は、蛸の足が集まっている付け根の部分にある為に、普段は見える事はほとんどないそうです。


    たことんびとても珍しい珍味としても有名です。さらに美味しいタコトンビとなると中々出会えないものなのです。自然の恵みを燻製にしてとじこめ、美味しさを凝縮させた最高のタコトンビに仕上がりました。どうぞご賞味ください!


    たことんびは、玄人好みの珍味と言われる事もあります。なぜ玄人好みなのかと言うと、タコの口を珍味として食べる事を知らない人が多いということ、そしてこのたことんびは食べるのに苦労してしまう事が理由です。
    食べづらいのは仕方ありません。滅多に手に入らない食材です。タコと言えばタコ足ですが、タコの足は8本もあるのに、タコの口は1つしかありません。口のある場所はタコの足の根元で、一番筋肉が活発に動くところにあります。
    口に入れるとコリコリと噛み応えがあり、硬いと感じる人もいるかもしれませんが、たこの旨味が凝縮されていますので、噛めば噛む程タコの旨味と甘みがじゅわぁ〜と出てきておいしいのです。
    食感がコリコリして甘じょっぱい珍味って最高ですよね!!

    本品はタコの口の部分で、口先が鋭利な為、お召し上がりの際は手、口等を痛めぬ様ご注意願います。
    ※たこの歯は鋭利な為に、身を外す時に手を怪我する恐れがあります。十分に気を付けてお食べ下さい。

    ※時間の無い時やお腹が空きすぎて倒れそうだという時には余り向かない食べ物ですが、小腹がすいた時を始め、時間をちょっと持て余している時やテレビを観ながら等には作業しながら食べれたりするので時間潰しや手持無沙汰の時にも良い珍味です!!

     

     
    たこの珍味の魅力は味の他に食感もあります。コリコリして噛み応えがあり、タコの旨味が出てきて美味しい食べ物です。タコの口は何度も言っていますが、食べづらいです。珍味を食べながら手を切るかもしれませんし、珍味を食べているだけなのに、剥くのに疲れてしまうかもしれません。それでも食べる事を止めれない珍味です。食感もさることながら味も最高なのです。さらに、燻製にする為には新鮮なものでなければいけません。その新鮮なタコの口に味付けをして燻製にしていますので不味い訳がない!こんな美味しい珍味なら、最高のおやつや、酒の肴になりますね!!

    ※手でも剥いて食べる事は出来ますが、キッチンばさみや包丁を使って切って食べると食べやすいです。


    手はベタベタするし、剥くのは大変だし、食べるまでに時間がかかってしまう・・・
    それでも手が止まらない美味しさを持つ珍味が『たこトンビ』なのです!!

    商品詳細

    【商品内容】

    北海道名産
    たこトンビくんせい

    原材料名:たこ、砂糖、食塩、たん白加水分解物(大豆を含む)、ソルビトール、酒精、酸味料、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸(K))、甘味料(ステビア)、乳化剤
    内容量:200g
    保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください


    【配送方法】

    常温常温で発送