手づくり豆腐作りセット(2丁用)

ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
ok06510
    商品番号:ok06510

    手づくり豆腐作りセット(2丁用)国産ひのき使用(木枠・にがり・呉こし袋・仕上げ布・温度計がセットになった手作りとうふキット) メール便対応

    在庫状態:在庫有り
    発送目安:2~3日後
    • 海外発送 : ×
    ¥6,980(税込)
    会員様209 ポイント還元 (3%)
    数量

    豆腐作りに必要な道具が揃ってるセットです。ご自宅にミキサーとボウル、ざる、お鍋などをご用意するだけで作れちゃいますよ!!

    手づくり豆腐の作り方
    ●豆腐2丁分(800〜900g)の場合
    ※この木枠セットの他に用意する道具 ミキサー、大きめのボウル、ざる(竹又はステン網)、径24〜30cm位の鍋(できたら2個用意)、穴あきターナー、お玉、計量カップ、はかり
    ※豆乳からも作れます!豆乳から作る場合は「4:凝固作業」からの作業手順になります。

    ●大豆の漬けこみ 丸大豆を280g用意し、十分に水洗いしてから1.5L以上の水に浸します。
    夏(水温25℃の時):約6時間
    春・秋(水温15℃の時):約15時間
    冬(水温5℃の時):約24時間
    上記の時間水中で豆を放置すると2〜3倍の量に膨らみます。

    ●漬かった大豆の粉砕●
    漬け大豆を良く洗いミキサーに入れ2Lの水を加えて粉砕します。
    約2〜3分して白いドロドロの状態になったら止めます。
    ミキサーの容量が小さい時は数回に分けて粉砕してください。

    ●加熱煮沸●
    鍋に粉砕した大豆(呉、ゴ)を入れ、中火にかけ、ターナーで焦がさないようによくかきまぜながら加熱します。沸点近くになったら弱火にしてよくまぜながら、さらに3〜4分煮ます。
    (まぜても泡が消えない時は霧吹きで水をかけます。それでも挽きこぼれて泡が消えない時は、豆腐屋さんから消泡剤を少し貰って消します。)

    ●おからしぼり●
    炊きあがったら呉ごし袋に入れ、豆乳を絞りだします。
    (この時、熱いので火傷に注意してください。厚いゴム手袋を使うのもよい方法です。)
    袋を徐々に絞り、ターナーで強く押しおからの量を減らしましょう。
    終ったら豆乳を75℃まで再加熱します。焦げやすいのでよくかき混ぜます。

    ●凝固作業●
    1:あらかじめニガリ(塩化マグネシウム)10gを200ccの水に溶いて用意しておきます。
    2:75℃の豆乳に2/3を少しずつ加えながらターナーでゆっくり混ぜます。
    大体混ぜ終ったら残り1/3を加えながらゆっくり混ぜます。この時、凝固した白い柔らかい部分を壊さないようにていねいにターナーを回します。
    3:凝固が終りに近づくと、良い凝固の場合きれいな山吹色の澄んだ水が出始めますが、これが増えてきたら混ぜるのを止めます。混ぜ終った時の温度は60℃以下にならないようにします。温度が下がると豆腐のくっつきが悪くなるので、その時は別のニガリを湯で溶いて使用します。

    ●成熟凝固●
    混ぜるのを止めてからふたをして約5分間放置します。

    ●箱盛り●
    木枠に布を敷いて凝固物をターナー又はお玉で移します。
    均一に盛っていくと均質な豆腐ができます。

    ●水切り●
    木枠に移し終ったら布で全体を覆い、板を置き、上に重石を載せます。途中で布を開いて様子を見て脱水し全体がくっついて豆腐状になったら止めます。
    重石の目安は500g〜800g位です。重すぎると固い豆腐になります。コップやコーヒー瓶に水を入れるのが簡便な方法です。

    ●水さらし●
    水きりが済んだら表面の布を開いて板を載せ、箱ごと全体を裏返して箱と布を取り除きます。
    机の上に載った豆腐をそのまま水の中に入れて、水中で豆腐を切断し、1〜2時間静置すると出来上がりです。

    初めて作って形が崩れちゃってもまずはひと口、食べてみて下さい。 口の中に濃厚な大豆本来の味わいが広がります。 この味、スーパーで売っている豆腐では味わえません!! 手間隙かけて真心込めて作ったお豆腐は格別です。

    大豆から豆腐を作るとたくさんのおからがでますが、捨てるのは勿体ないです!!おから料理として有効活用しましょう♪
    おから料理として「卯の花(雪花菜)」が知られていますが、低カロリーで栄養が高いため、近年ではハンバーグやドーナツなどの洋食やおやつにも使われることが多くなっています。

    手作りのおからは市販のおからとは違い、大豆の風味が味わえるほど濃厚な味で、おからを料理に使うのも手作りならではの醍醐味です!

    ※おからで卯の花を作ったところ、スタッフから「美味しい!」大好評であっという間になくなってしまいました。これも手作りだからこそです!

    豆腐作りにオススメ!同梱可能な北海道産大豆

    ※時期や収穫状況により、在庫がない場合もございます。予めご了承下さい※

    商品詳細

    【商品内容】

    手づくり豆腐作りセット【2丁用】

    ・木枠2丁用(国産ひのき)×1組 ・天然にがり(10g)×12包 ・呉ごし袋×1枚 ・仕上げ布 2枚組×1組 ・温度計×1本


    【木枠(ひのき)の取扱いについて】

    ●初めて使う時…まず、水を十分かけてください。次にやかんで熱湯を全体にさっとかけ熱湯消毒をします。終ったらぬるま湯の入った容器に木枠を浸け、お湯を染ませながらスポンジで拭いて木の表面に浮き出た油脂分を軽く取り除きます。終ったら日陰に置き乾かします。

    ●長い間にベタツキが出たら…油脂分や樹脂(ヤニ)分が時折固まりで木の表面に出ることがあります。どちらとも害はありませんが口に入らないようにします。乾かしてサンドペーパーでこする方法が無難です。

    ●使い終ったら…軽く水洗いをして日陰で乾かしてください。洗剤はときに木を傷める場合があるので軽めに使用してください。水中に長時間入れないようにお願いします。変形、変色する場合があります。 また、半乾きのままポリ袋に入れて保管しないでください。カビる場合があります。保管場所もシンクの下など湿気の多い場所に置くとカビやすいので風通しの良い乾いた場所で保管してください。

    【配送方法】

    常温常温で発送